根津駅から徒歩1分 文京区根津の地域に根ざした医療提供

文京区乳癌健診指定

トップ>>脳卒中とは

早期発見、治療、予防 脳卒中について

脳卒中の診断に必要な検査

1)頭部CT(computed tomography;CT)

  • X線を当てて、コンピュータで頭部の断面画像を作成します。
  • 脳の出血や梗塞を検出できます。発症直後の脳出血の検出に優れています。
  • 骨の影響を受けるので、後頭蓋窩にある脳梗塞の検出感度は、MRIに劣ります。
  • 小さな脳梗塞の検出感度は、MRIに劣ります。

2)頭部MRI(magnetic resonance imaging;MRI)

  • 磁気を当てて、コンピュータで頭部の断面画像を作成します。
  • CTでは検出できないような小さい脳梗塞、超急性期の脳梗塞、脳出血を検出できます。
  • ラクナ梗塞のほとんどが検出できます。
  • 拡散強調画像(diffusion-weighted imaging;DWI)では、発症1時間以内の超急性期脳梗塞も診断できます。
  • 一過性脳虚血発作(TIA)の患者さんに、拡散強調画像(DWI)を施行すると、責任病変が検出されることがあります。しかし、血流が早期に改善すれば、この病変は消失します。
  • T2★強調画像は、微小出血を検出することができます。
  • 微小出血は、脳出血の危険因子です。

3)頭部MRA(magnetic resonance angiography;MRA)

  • 磁気を当てて、脳の血管を撮影する検査です。
  • MRAにより、未破裂脳動脈瘤、頭頸部の主幹動脈の閉塞・狭窄性病変を検出できます。

4)頸動脈超音波検査

  • “全身の比較的太い動脈の代表”として、動脈硬化の進行度を評価できます。
    動脈硬化性病変の早期発見に役立ちます。
    ちなみに、眼底検査は、細小動脈の硬化を評価するものです。
  • 頸動脈の動脈硬化性病変、閉塞・狭窄性病変を検出できます。
  • 頸動脈の動脈硬化は、高血圧、糖尿尿、脂質異常症、喫煙などの影響を受けて進行します。
  • わが国では、食生活の欧米化に伴って、糖尿病や脂質異常症が増加傾向にあり、動脈硬化による頸動脈や脳動脈の閉塞・狭窄性病変が増えています。
  • 頸動脈の動脈硬化があると、脳卒中、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)のリスクが高くなります。

5)心電図

  • 脳卒中の原因となる心房細動、心筋梗塞、洞不全症候群などの心疾患をチェックするために、安静時標準12誘導心電図を行います。

6)ホルター心電図

  • 安静時標準12誘導心電図が洞調律であっても、発作性心房細動(一時的に心房細動になる)の存在が疑われる場合は、ホルター心電図で、24時間心電図記録を行います。

7)心臓超音波検査

  • 心原性脳塞栓症の原因となる心臓(左心房)の中の血栓、心臓弁膜症などを検出できます。

+ ページTOP

診療科目外来のご案内医院概要当院の考え方地域医療連携人間ドック・健診フロアガイドスタッフ紹介よくあるご質問アクセス
一般外来・消化器内科糖尿病・内分泌肝・胆・膵内科循環器内科神経内科(もの忘れ外来)
胃・大腸・消化器外科循環器・心臓血管外科乳腺科放射線科
人間ドック・健診人間ドック大腸ドック脳ドックPET検査